R type

Concept

右だけど左、左だけど右。前だけど後ろ、だけど前へ。 反復運動しながらランダムに前に進む、
その螺旋運動の物体は、 あなたもしくはわたしは、多次元的時間の宇宙( そら) で どこから 何を観て なにかを想う。
コントラストを高めるこの世界は、混沌としながらも美しい放物線を描きつつ、究極へと向かい、究極に吸い込まれる。
今は昔 太古と超未来が両存する西暦2014 年現在、現次元。 今はここ ここはどこ? わたしたちは何者?

R type L は2 人のアーティスト、東京がベースの山田と大阪がベースの長田、
それに愉快な仲間達により、2001年に結成された。
それ以降、アンチ資源浪費型社会のための創造、独自の自然観、旅行愛、共同作業をコンセプトに主に音楽やダンス、
アートイベントでの美術製作の創作活動している。

ある一つの対象物は、私たちの位置から見れば、右側にある様にある。反対の位置にいる誰かからするとそれは左側にある。
一つの同じもの、誰かからすれば、それは無意味で、ゴミなのかもしれない。
だけど 立場をかえて手にしてみればそれはアート制作の素材かもしれないし、何かを教えてくれる大切なものかもしれない。

利用される主な素材は海や山や街、いたる所より収集してきた植物やゴミ、工業スクラップ。
そして足場用鉄パイプを使って、独自のかたちに組み上げられる構造を基礎に、無機質で人工的なものと自然のものとを
手作業の力で有機的に織り交ぜ、近未来的かつ幻想的なオブジェやステージ、空間をつくり、唯一無二の世界を投影し続けてきた。
それはミュージックフェスティバル、ダンスパーティーシーンであり、オルタナティブでエッヂなアートシーン。
そこにはより自由で新しい遊びやライフスタイルを求める人たちと音楽があり、
自然や都市のエネルギーがカオスの中で共鳴し合い融合する素晴らしい場と時間である。
それが私達にとってのアートであり、現代社会が必要としているお祭りであると思っている。

パーティーとか祭りとか、音楽とか旅とかアート そして非日常的日常生活。街でも自然の中でもいたる所に発生した辺境。
自分達が作品を作る環境はいつもそんな場面で、気の合う仲間や素材が自然に集まってくる不思議に満ちている。
変化していく世界の辺境から、ざわざわと平和な革命が進んできている。

山田は , 長田は 名義でのそれぞれのソロ活動と近年は日本の冬場は南半球に渡り、オーストラリア
ツアーで終わりなき夏を追って、活動を拡げている。

PIC

History

山田卓生 1977年 東京生まれ 日本大学芸術学部写真学科卒業
長田道夫 1978年 富山生まれ 大阪音響専門学校卒業


<イベント>
1997~ 当時東京を拠点にダンスパーティーを主催していた "EQUINOX"の中で、活動を始める
1998 Planet Maya メルボルン / オーストラリア
2004~12 渚音楽祭 東京、大阪
2005 Rocket Festival マラガ/スペイン
2005~12 Space Gathering 日本各地
2006~7.10~15フジロックフェスティバル 苗場 新潟
2007 Earth Core メルボルン / オーストラリア
2007~15 サマーソニック 幕張 千葉
2007~16 Maitreya Art &Music Festival メルボルン / オーストラリア
2008~12 Rainbow Serpent Festival メルボルン / オーストラリア
2009 奄美皆既日食音楽祭 奄美大島
2009~16Earth Freq -art&music festival クイーンズランド / オーストラリア
2012.15 別府国際芸術祭 混浴温泉世界 別府 大分
2012 ECLIPSE 2013 -art&music festival クイーンズランド / オーストラリア
2012 子ども野外ワークショップ <子どもアートキャンプ> 東京
2014~16 COWNTDOWN JAPAN 幕張 千葉
2016 Theater In Museum 大分県立美術館 大分 


<PV製作>
2004 DOWNY <壱式>
2005 Electrical Lover <dumbo>
2012 AKB <浜辺のマリー>
2013 BIS <Stupig> 宇宙人 <悪の華> SCANDAL <Over Drive> Moumoon <Love Before We Die>
2014 NTT docomo CM<UFO> 9mm parabellum bullet<反逆のマーチ>


<展覧会、舞台>
2005 The Ark Brothersー箱船兄弟 ストライプハウスギャラリー  東京
2006 千賀裕子企画 演劇 『オフィーリア マシーン』 シアターX 東京
2007 Missing Ring Gallery Para Grove 東京
2008 東野祥子 独舞 『Vacuum Zoon』  シアタートラム 東京
2009 牛窓アジア交流芸術祭 オリーブ園  岡山
2010 浜辺のルネッサンス 葉山一色海岸 神奈川
2010 Tropical Ghost Galaxy Gallery 大阪
2011 Camblia Ganglia Galaxy Gallery 大阪
2012 no title 麹町画廊 東京
2012-13 横浜ダンストラック
2015 顔のある家 東京

PIC